「保育園・幼稚園・こども園」この3つの違いって?

保育園・保育所

「保育園」「幼稚園」「認定こども園」ってみなさん知っているかと思います。

じゃ実際にこの3つで何が違うの?という事と、子どもを預けるとなった時にどこに預けるかって決めていますか?

同じ「子どもを預ける施設」だとしても、中身は全然違うものになっています。

保育園・幼稚園・認定こども園の違い

この3つの施設は、日中子ども達が過ごす大切な場所です!

待機児童が多い世の中、希望の園に入れない場合も少なくないです。

しかし、妥協して決めてしまっては

「子どもの成長阻害」
「子どもの人格の土台を作る時間が悲しい時間となる」
「預けている時、お迎えの時に親が憂鬱な時間」

こんな事になってしまいかねません。

さて、実際に違いの方を見ていきますが、まずは「保育園・幼稚園・認定こども園」この3つの違いについて、見てみましょう。

【補足】

※1 幼稚園には「2年保育」と「3年保育」の2種類があります。

「2年保育」…4歳から入園して2年間

「3年保育」…3歳から入園して3年間

※2 長期休み中でも、預かり保育といった形で預かってもらえる場所があります。

※1 認定こども園にもタイプや担当する年齢によって変わる

認定こども園のタイプ

認定こども園には4つのタイプがあり、それぞれ特徴が違います。

給食については、4つ全てのタイプで2号・3号に指定された子どもに対して給食の義務があります。

幼保連携型認定こども園

学校及び児童福祉施設に分類される

保育時間としては、11時間保育+土曜日保育が原則

資格としてはどちらも必要になってきます。

幼稚園の条件も兼ねているため、教育的指導も行うので、集団の中での生活の仕方や教育的な部分は幼稚園の方によってきます。

保育所型認定こども園

児童福祉施設(保育所+幼稚園的機能)となり

こちらは、もともとが保育園だった所に幼稚園の教育的指導もつけましたよーとなったのが「保育所型認定こども園」です。

・保育時間は11時間保育+土曜保育が原則

・資格は担当する子どもによって異なる

満3歳未満…保育士資格が必要になる

満3歳以上…※両方所有が望ましいけど、いずれかでも大丈夫です。

幼稚園型認定こども園

・学校(幼稚園+保育所的機能)となります。

どういう事かというと、もともと幼稚園だったところが、3歳未満の子ども達も一緒にみますよーと、機能が合体したのが「幼稚園型認定こども園」です。

・保育時間は地域などによって認定される

・資格は子ども達の年齢によって異なる

満3歳未満…保育士資格が必要になる

満3歳以上…両方所有が望ましいけど、いずれかでも大丈夫

地方裁量型認定こども園

幼稚園+保育所どちらも併せ持つ施設になっています。

・保育時間は地域などによって認定される

・資格は子ども達の年齢によって異なる

満3歳未満…保育士資格が必要になる

満3歳以上…両方所有が望ましいけど、いずれかでも大丈夫

いま、認定こども園が増えています、新規だったり、元々「保育園」「幼稚園」だったものが「認定こども園」に立て替わったりと

どんなに変わろうと、園ごとに特徴や強みといったものがあるので、色んな所を見てみるのも面白いかもしれません!

ここでは、まず違いについてあげてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました